日々是劇評

関東圏内で観劇した舞台について率直に感想を書いています。
自分用の備忘録みたいなもんなんで遠慮なく辛口な批評もしています。

<更新記録>

劇団SSP 「Up With Future 〜Synchronizer〜」  @日暮里 d-倉庫 2014/02/26
劇団PEOPLE PURPLE 「サヨナラの物語」  @新宿シアターモリエール 2014/01/26
MS2 「ダイヤモンドダスト・ドリーム」  @中野ザ・ポケット 2014/01/07
セブンスキャッスル 「人狼 ザ・ライブプレイングシアター #08:MISSION The Castle Job」  @上野ストアハウス 2013/12/30
9-States 「それなりにハッピー」  @下北沢 OFF・OFFシアター 2013/12/27
梅パン 「いなづま」  @池袋シアターグリーン BASE THEATER 2013/12/23
ネコ脱出 「人生快速」  @下北沢 「劇」小劇場 2013/12/22
メガロザ 「靴下にカミソリ」  @新宿タイニイアリス 2013/12/20

※本文中に激しくネタバレ含みます!
 上演中の公演についてこれから観劇予定の方は閲覧ご遠慮ください。


梅パン
「いなづま」

2013/12/23更新  ≪池袋シアターグリーン BASE THEATER≫ ≪梅パン≫ ≪2013/12

梅パン 「いなづま」 梅パン 「いなづま」

梅パン 「いなづま」

【脚本】
大江和希

【演出】
高江智陽

【キャスト】
山之内力哉、檜垣文子、星野好美、藤田力、佐上ユウ、岩佐久、西岡みあ、
田村朋世、山田健介、小玉賢太、牧野未来、大岸明日香、百石義典、斉藤七瀬、
鬼塚眞澄(N.A.C)、宮沢なお(AIN'T)、鎌田健嗣(BEEMinc)、柳田雅宏(N.A.C)

【スタッフ】
舞台監督:S-CASE
音響:許斐祐
照明:(有)マーキュリー
宣伝美術:藤田侑加
制作:藤田侑加・大城

【日程】
2013年12月20日(金)〜12月23日(月)

【会場】
池袋シアターグリーン BASE THEATER

【チケット料金】
一般  3,000円

【公式ブログ】
http://1st.geocities.jp/mero_mero_meronpan/

==========================================


少し片田舎の一軒家。

夫婦それぞれの友人や後輩、狂った隣人、夫の母親が次々出入りして、
繰り広げられていく重厚なお話。

幼いときに弟と死別したことをずっと引きずっている妻・美加子。
悠一の前妻・雪絵の幻に苦しみながらもそれを乗り越え、
夫・悠一と共に手をとって前に進んでいく。


大体こんな感じのお話。
まぁ、いつもながら漠然とし過ぎていて、なんのあらすじ説明にもなっていないが(笑)


舞台は両面客席の囲み舞台になっていた。
中央に3畳程度の台があり、手動で回転させることができる仕組み。
この劇場でこういうふうなトリッキーな舞台装置ってのは珍しいかもしれない。


作品自体は、うーん、ちょっとチグハグかなって印象。


脚本はセリフが綺麗で整っていて、言葉のチョイスも良かったと思う。
ただ全体的にピックアップポイントを散らしすぎていて、
最終的にそれぞれのエピソードが小粒な上にまとまっていない印象だった。
メインとなる部分は間違いなく妻に関するエピソードなのだが、
夫の後輩や妻の友人の恋愛事情を描写している時間が長く、
しかもそれがメインエピソードから独立し過ぎている。
もうちょっとそれぞれのエピソードが絡み合うような構成だったらなぁと思った。


それと過去に死んだ弟の霊(?)と、思い込みで作られた前妻。
お客から直感的に見るとどちらも幽霊的な存在なのだが、
片方は誰にも視覚的には見えない、でも妻に声を届けることはできる本当に幽霊的な存在、
もう片方は実際には思い込みで幻なんだけど、人の目にも見える存在。

外面的な扱いは近いのに、内面的には全く異質なこの存在が2つ同時に登場するのは
作品としてやや煩雑で雑多な気がする。
どちらか片方だけに絞ってもっと濃密な描写をしたほうが良かったのではないだろうか。


あと弟の霊が前妻の幻をなんとかしてくれちゃう展開、
妻が自分の力で困難を乗り越えたって感じがしなくて個人的にはイヤかな。
そのせいで、その後の妻の良いセリフがあまり心に響いてこなかった。

その直後にあった本物の前妻が訪問してくるシーン。
シーン単体としては面白かったが、作品全体として見るといらないエピソードだったように思う。
後輩の結婚成就のエピソードと合わせて、ちょっと冗長的かなと。


演出面で気になったのは、脚本とのマッチのしていなさ。
役者のスキルの問題なのかもしれないが、もっと写実的な会話劇で良かったのではないだろうか。
素で静かにしゃべって十分おもしろいセリフなのに、役者たちの演技が元気良すぎな印象。

回転盆もテレビでいうカメラワークとしての使い方しかされていなかったが、
これはあくまで視覚的な、エンターテイメント部分での要素である。
心情の描写が中心となる今回の脚本で採用する演出法ではなかったように思う。
これのせいで暗転時間が延びている印象もあったし。
コロスたちがロック解除してヒモ引っ張って盆回してまたロックするって作業の画も美しくないし。


役者は何人か巧い人がいたのだが、全体的には若い役者の比重が高く、
大学生のサークル演劇って空気が強かったのが残念。
うわべのテンションだけの会話劇ほどおもしろくないものはない。
地に足のついた、しっかりと腰の座った演技を魅せてほしい。
今回のような脚本では特に。


なんかいろいろ惜しいなぁって舞台。
この全体的なチグハグ感さえまとめられれば化けるような気もするのだが。

また次に期待。


 

◎日々是劇評

劇場

APOCシアター
Art Theater かもめ座
KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
pit北/区域
RAFT @東中野
アサヒ・アートスクエア
アトリエだるま座
ザムザ阿佐ヶ谷
シアターコクーン
シアター風姿花伝
シリウス・ビー
すみだパークスタジオ
ラゾーナ川崎プラザソル
王子小劇場
下北沢 「劇」小劇場
下北沢 OFF・OFFシアター
下北沢 シアター711
下北沢駅前劇場
絵空箱
吉祥寺シアター
高円寺明石スタジオ
座・高円寺1
笹塚ファクトリー
参宮橋トランスミッション
上野ストアハウス
上野小劇場
新宿 スペース雑遊
新宿 紀伊国屋ホール
新宿サンモールスタジオ
新宿シアターサンモール
新宿シアターブラッツ
新宿シアターモリエール
新宿タイニイアリス
神奈川県立青少年センター ホール
神奈川県立青少年センター 多目的プラザ
赤坂レッドシアター
川崎H&Bシアター
浅草橋アドリブ小劇場
相鉄本多劇場
大倉山記念館 第四集会室
大和田伝承ホール
池袋 シアターKASSAI
池袋シアターグリーン BASE THEATER
池袋シアターグリーン BOX in BOX
中野HOPE
中野MOMO
中野ウエストエンド
中野ザ・ポケット
中野テアトルBONBON
東京芸術劇場 池袋シアターウエスト
東松原ブローダーハウス
日暮里 d-倉庫
八幡山ワーサルシアター
文京シビック小ホール
北池袋 新生館シアター
本願寺ブディストホール
夢の島公園 テント劇場
六行会ホール
和光大学ポプリホール
 →劇場毎一覧

団体

(企)劇団思い出づくり
47ENGINE
613
8割世界
9-States
A・M・D企画
aji
Broadway musical
CAP企画
COTA-rs
CP Project
DULL-COLORED POP
HIME企画
Human Art Theater
IQ5000
Kanikuso
LiveUpCapsules
MS2
Office Months
Oi-SCALE
OUT of WIT
Platform
Re:Play
SORAism company
Studio D2
STUDIO HeadZ
The Dusty Walls
アトリエ・ダンカン
いと、まほろば
ヴォードヴィルの会
オールアクトカンパニー
カプセル兵団
からふる
シノハラステージング
セブンスキャッスル
ソラリネ。
ナイロン100℃
ネコ脱出
メガロザ
らちゃかん
リトルプラネット
開幕ペナントレース
企画ユニットあいてむぼっくす
空想組曲
空想天象儀
芸術集団れんこんきすた
劇団IQ5000
劇団PEOPLE PURPLE
劇団SSP
劇団お座敷コブラ
劇団くりびつてんぎょう
劇団ニコルソンズ
劇団マチダックス
劇団メリーゴーランド
劇団宇宙キャンパス
劇団喫茶なごみ
劇団東京晴々
劇団熱血天使
劇団扉座
劇団離風霊船
座・あおきぐみ
子供脳みそ
神奈川県演劇連盟
人衣企画
青少年のための芝居塾
川崎インキュベーター
相模舞台同盟
張ち切れパンダ
天才劇団バカバッカ
東京都カリスマイル
虹の素
梅パン
風雲かぼちゃの馬車
平熱43度
野戦之月海筆子
立体再生ロロネッツ
立体親切
流星揚羽
緑慎一郎とミユキーズ
零’sRecord企画
 →団体毎一覧

記事更新日

2014
02 01
2013
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
 →記事更新日毎一覧

ワード検索


外部リンク

演劇感想文リンク
こりっち舞台美術!